Hatena::Grouplegwork

info RSSフィード

舞台探訪アーカイブ
 | 

2010-09-28

新規項目 新規項目 - info を含むブックマーク はてなブックマーク - 新規項目 - info

 夷さんからご連絡をいただいての収載です。

2010-09-24

新規項目 新規項目 - info を含むブックマーク はてなブックマーク - 新規項目 - info

2010-09-21

世紀末オカルト学院』の舞台探訪 〈長野市中心街編〉  『世紀末オカルト学院』の舞台探訪 〈長野市中心街編〉 - info を含むブックマーク はてなブックマーク -  『世紀末オカルト学院』の舞台探訪 〈長野市中心街編〉 - info

舞台探訪アーカイブ直轄事業

第10話「暖炉のあかり」

 クリスマスの飾り付けが行われているのは,長野駅の善光寺口。撮影時刻も,作中と同じ〈21時05分〉に合わせてみました。

f:id:genesis:20100920211205j:image f:id:genesis:20100923200414j:image


f:id:genesis:20100923201043j:image:right

 なお,作中では,あかりの父の勤務先はイルミネーションの真向かいであるかのような描写がなされていますけれども,これは実在しません。駅前は大きな広場になっておりますし,勤務先のモデルとなったビルは松代町内にあります。


第11話「マヤの死」

 善光寺を出た二人が歩いているのは『植木商店』の前。ちなみにこの店,『羊のうた』にも登場しているのだそうです。

f:id:genesis:20100921083426j:image f:id:genesis:20100920220819j:image

 場所は,善光寺とJR長野駅の中間くらい。画面奥に見えている大きな建物は「TOiGO(トイーゴ)」という再開発複合施設。


f:id:genesis:20100920080338j:image f:id:genesis:20100920220820j:image

 訪問時間の都合,お店は閉まっておりましたが,そのあたりはご容赦ください。


f:id:genesis:20100920080448j:image f:id:genesis:20100920220821j:image

 このシーン,少し疑問なところがあります。『植木商店』と正面から向かい合った場合,左側に善光寺があるのです。二人で遊び終わったあと,Uターンしてきた……というのなら分かるのですが……。


f:id:genesis:20100920080410j:image f:id:genesis:20100920220822j:image

 『植木商店』の前に立って,善光寺方面を眺めた様子。手前の店は空き店舗になっていましたが,その奥に洋品店があるのは作中と同じです。


f:id:genesis:20100920080645j:image f:id:genesis:20100920220823j:image

 マンホールや誘導タイルも正確に表現されていました。


引用画像の著作権は,A-1 Pictures,ANIPLEX,テレビ東京に帰属します。


より大きな地図で オカルトなんて大っ嫌いマップ を表示

2010-09-20

世紀末オカルト学院』の舞台探訪 〈松代編〉  『世紀末オカルト学院』の舞台探訪 〈松代編〉 - info を含むブックマーク はてなブックマーク -  『世紀末オカルト学院』の舞台探訪 〈松代編〉 - info

舞台探訪アーカイブ直轄事業

 一昨日から昨日まで,mixiのコミュ主宰で『咲-Saki-』の舞台を巡っていました。せっかくの機会なので延泊して松代に行ってみることにしたところ,しらさん(d:id:riyot:20100921:1285078315)が同行を申し出てくださいました。

 08時過ぎにホテルまで迎えに来てもらい,自動車で松代へ。長野市内から県道35号線を南下する,あるいは,高速道路を利用して長野ICから降り立った場合,第2話でマヤが宿泊した信州松代ロイヤルホテルを最初に目にすることになります。ところが,初っ端から難しい。作中では両側面が見えているのですが,遠近法を無視してますね……

f:id:genesis:20100920084258j:image f:id:genesis:20100923232523j:image


 次に松代駅へ。第3話において文明が美風のポルシェに乗り込む場面で登場します。駅構内は薄暗いので撮影しづらいですが,ていねいに描き込まれていることがわかります。

f:id:genesis:20100920090539j:image f:id:genesis:20100923232531j:image

f:id:genesis:20100920085317j:image f:id:genesis:20100923232520j:image

 駅を出て右手にある植栽を撮ろうとしたところ,しらさんから指導が入りました。「ポルシェの奥に描かれている三角の尖ったのは,あの挨拶運動の立て札です。ちゃんと入れてくださいね」だそうで(^^;

f:id:genesis:20100920090435j:image f:id:genesis:20100923232521j:image

f:id:genesis:20100920090642j:image f:id:genesis:20100923232522j:image

 駅のすぐ横にあるスーパー『マツヤ』は,第4話で「神隠し対策本部」が置かれていた場所です。第7話の冒頭,マヤが携えていた買い物袋もマツヤのもの(らしい)。

f:id:genesis:20100920085652j:image f:id:genesis:20100924000257j:image


 ここでいったん駅前地区を離れ,皆神山(みなかみやま)を目指すことにしました。無料で借りられる自転車がありますので,山麓まで行くのは難しくなさそうです。しかし,入山口から山頂までは高さ200mほどあり結構な急斜面。公共交通機関でお出かけの場合,心して向かってください。

 山頂に鎮座するのが皆神神社です。第8話において,亜美とマヤに因縁のある場所として登場しました。作中では山頂にヴァルトシュタイン学院が位置することになっているので設定に齟齬が生じるのですが,そこは気にしないで。

f:id:genesis:20100920092850j:image f:id:genesis:20100924011013j:image

f:id:genesis:20100920093306j:image f:id:genesis:20100924011015j:image

f:id:genesis:20100920094321j:image f:id:genesis:20100924011014j:image

 この五角形の石碑は,本殿の右後方にありました。「地質学上/世界の中心山脈の/十字形せる/珍の神山/天霊の/聖地に些しも/違はざる/尊き神山/皆神の山/出口王仁三郎」と刻まれています。

f:id:genesis:20100920100249j:image f:id:genesis:20100924011016j:image

 チュパカブラの群れを再現して撮ろうとする場合,高さが足りません。一脚などを持っていく必要がありそうです。

f:id:genesis:20100920095900j:image f:id:genesis:20100924011017j:image

 山の中腹に『岩戸神社』があります(作中では『天戸神社』に置き換えられていました)。

f:id:genesis:20100920101855j:image f:id:genesis:20100924104803j:image

f:id:genesis:20100920102118j:image f:id:genesis:20100924104804j:image

 麓に降りてきて『皆神神社ピラミッド参道入口』の立て看板がある分岐点。同じ看板は県道との分岐点にも置かれていますが,これは豊栄平林(とよさかひらばやし)地区の中にあるもの。画面中央に見える石碑には「圃場完成」と刻まれています。なお,この周囲で『たぬきとびだし注意』は見当たりませんでした。

f:id:genesis:20100920103259j:image f:id:genesis:20100924104807j:image


 市街地へと戻ってきて市営「象山東駐車場」に自動車を置き,徒歩で象山地区を巡ります。まず竹山随護稲荷神社の前を流れる水路。参道にかかる橋の上に立って上流方向を眺めると,文明と美風のデートコースが再現されます。

f:id:genesis:20100920105249j:image f:id:genesis:20100924104809j:image

 川沿いに進んでいくと象山地下壕の入口です。

f:id:genesis:20100920110858j:image f:id:genesis:20100924104812j:image

f:id:genesis:20100920111919j:image f:id:genesis:20100924104811j:image

 我々の実際の行程では後回しにしてしまったのですが,法泉寺の前に広がる田園風景を見ておきたいなら,地下壕を出た後に南下してください。第7話で,黒木工務店の軽トラが通り抜けていく場面が見られます。あぜ道なので車を飛ばすのは無理だし,そもそも画面左方向は山奥なんですが……

f:id:genesis:20100920121901j:image f:id:genesis:20100924113235j:image


 いったん象山地下壕に戻って更に北上し,お休み処が並ぶ道を抜けていくと象山神社に出ます。幕末の思想家・佐久間象山を祭神とするこの場所が,第11話における魔女っ娘バトルのフィールド。

f:id:genesis:20100920115038j:image f:id:genesis:20100924131810j:image

この場面,実在の空間と照合すると少々矛盾があります。最初に駆け抜けていく橋は駅に近い東門であり,これはストーリーと照らして自然な流れ。ところが,その次の場面に出てくる鳥居は南門に構えられています。いったん境内に入って,出て,また入って……という逃げ方をしていたことになります。

f:id:genesis:20100920114804j:image f:id:genesis:20100924131811j:image

f:id:genesis:20100920114832j:image f:id:genesis:20100924131812j:image

 鳥居の側から境内に入ると,すぐ左手に「心の池」があります。竹垣に囲まれ,参道に石橋が架けられているといった描写は作中のそれと同じなのですが,橋を正面から見るのは難しいです。

f:id:genesis:20100920114011j:image f:id:genesis:20100924131820j:image

f:id:genesis:20100920113141j:image f:id:genesis:20100924131814j:image

 再び東門。先ほどとは少しばかり構図を変えてやれば,第10話,水路に沿って歩くオカルト学園一行の光景になります。

f:id:genesis:20100920115345j:image f:id:genesis:20100924134254j:image

 そのまま水路に沿って北上し,「象山公園」の前で振り返れば第9話,文明がマヤと電話で話す場面です。

f:id:genesis:20100920115717j:image f:id:genesis:20100924134256j:image


 続いては駅の周辺を巡ります。第3話にて文明と美風がいちゃいちゃしたのは『松代観光センター』の「門前おやき」です。訪問者が多いので撮影の難所です。

f:id:genesis:20100920152834j:image f:id:genesis:20100924140400j:image

f:id:genesis:20100920152854j:image f:id:genesis:20100924140401j:image


f:id:genesis:20100920152140j:image:right

ここで美風が差し出しているのは色合いからすると〈野沢菜〉のように思われますが,実食してみたところ,味噌であえた〈丸なす〉が大変おいしゅうございました。


 作中の時間進行からすると遡りますけれども「ここが,真田宝物館です♪」

f:id:genesis:20100920135416j:image f:id:genesis:20100924142440j:image

 「ここが,真田邸♪」

f:id:genesis:20100920133355j:image f:id:genesis:20100924142437j:image

 真田邸は第9話でも「門とお庭♪」として出てきますね。

f:id:genesis:20100920133854j:image f:id:genesis:20100924142441j:image

 「次,行きましょうか♪」

f:id:genesis:20100920134830j:image f:id:genesis:20100924142438j:image

f:id:genesis:20100924142439j:image f:id:genesis:20100920134756j:image

 このクランクには,第9話に登場する「あかりちゃんの学校」もあります。

f:id:genesis:20100920134706j:image f:id:genesis:20100924142442j:image


 ここで我々は宝物館へ戻り,土産物店から自転車を借り出しました。さらに作中時間を遡り,ご町内を疾走するポルシェ。松代郵便局の前にある横断歩道から東方向を眺めた図。

f:id:genesis:20100920140357j:image f:id:genesis:20100924142449j:image

 既にこのコマに写っておりますが,100mほど東に進むと「あかりちゃんのパパが勤めていた会社」があります。

f:id:genesis:20100920141022j:image f:id:genesis:20100924145249j:image

 さらに東へ進むと,角地にコンビニエンスストアがありました。現在は移転して,空き店舗になっています。

f:id:genesis:20100920141239j:image f:id:genesis:20100924145726j:image

 国道403号線はここで左折しますが,そのまま東へ進んで〈宮前通り〉に向かうと『魚政』があります。第11話にて,マヤにハイヒールで踏まれた文明がとぼとぼと歩いている場面に登場。

f:id:genesis:20100920141953j:image f:id:genesis:20100924165029j:image

 パトカーが通り過ぎていく場面。やはり『魚政』の前なのですが,画面左下の「味噌煮込みうどん」と画面右上の街灯とを同時にフレームに納めるには,少々下がって望遠で撮る必要があります。なお,作中では〈中町通り〉になっていますが,だまされないで。

f:id:genesis:20100920141749j:image f:id:genesis:20100924165514j:image

 再び国道に戻ってくると,設定上は『食事処中川』があるはずの場所があります。第3話では,隣に『××の里』という文字が見えることから,『河島屋酒店』の前あたりが見学の際の立ち位置だと判断されます。

f:id:genesis:20100920142338j:image f:id:genesis:20100924170723j:image

 1つ西の通りへと移動し,北に向かって進むと『中沢縫製』です。第9話において,あかりちゃんのために何かしようとの決意を新たにしたマヤに文明から電話が掛かってくるところ。

f:id:genesis:20100920142922j:image f:id:genesis:20100924171736j:image

 『中沢縫製』から,そのまま道を北上すれば長野電鉄の線路に出ます。この踏切が,第5話で黒猫さんに前を横切ってもらおうと目論むこずえが通りがかった場所。

f:id:genesis:20100920143515j:image f:id:genesis:20100924172610j:image

f:id:genesis:20100920143231j:image f:id:genesis:20100924172611j:image

f:id:genesis:20100924173455j:image:right

なおこの踏切は,第10話において,あかりちゃんのパパに話を聞きにいった一行が帰り道に通る場所でもあります。


 踏切を渡り,松代駅のホームを左に見ながら進んでいけば,「ここが,松代城跡です♪」

f:id:genesis:20100920144104j:image f:id:genesis:20100924173456j:image

「あれ,松代駅じゃない?」

※ しらさんからは,画面右下にある水路も入れるようにとの指示を賜ったのですが,草が茂っていて無理でした。

f:id:genesis:20100920143942j:image f:id:genesis:20100924173458j:image


 続いては自転車を駆って『神田川水門』へ。歩くとちょっと辛い距離です。しかも高速道路の向こう側は観光客が足を踏み入れるような地域ではないので,道が分かりにくいです。

 松代城跡の北側にある大きな駐車場を起点にした場合,先ずは北西(駅&城跡とは反対)方向へ進みます。川と高速道路とが交わる場所にトンネルがあるので,そこをくぐり抜けていくのが最も良いでしょう。


より大きな地図で オカルトなんて大っ嫌いマップ を表示

f:id:genesis:20100920145704j:image f:id:genesis:20100924181438j:image

f:id:genesis:20100920145502j:image f:id:genesis:20100924181439j:image

世紀末オカルト学院』の舞台探訪 〈小布施編〉  『世紀末オカルト学院』の舞台探訪 〈小布施編〉 - info を含むブックマーク はてなブックマーク -  『世紀末オカルト学院』の舞台探訪 〈小布施編〉 - info

 長野電鉄で行けば松代から30分のところにある小布施(おぶせ)。『北斎館』では葛飾北斎の作品を見ることができます(館内は撮影禁止)。

f:id:genesis:20100920162813j:image f:id:genesis:20100924181442j:image

 小布施は栗の産地として有名だとかで,和菓子屋さんが多数軒を連ねていました。

f:id:genesis:20100920164116j:image f:id:genesis:20100924184210j:image

引用画像の著作権は,A-1 Pictures,ANIPLEX,テレビ東京に帰属します。

2010-09-18

世紀末オカルト学院』の舞台探訪 〈善光寺編〉  『世紀末オカルト学院』の舞台探訪 〈善光寺編〉 - info を含むブックマーク はてなブックマーク -  『世紀末オカルト学院』の舞台探訪 〈善光寺編〉 - info

舞台探訪アーカイブ直轄事業

 第11話「マヤの死」にて,2つの面を向かい合わせた後に二人がやってくるのは善光寺です。

f:id:genesis:20100918104623j:image f:id:genesis:20100921225215j:image


f:id:genesis:20100918112422j:image f:id:genesis:20100923201946j:image

 善光寺仲見世通り。画面左手に描かれている『信州屋』『佐藤商店』が実在しますので,おおよその場所を特定することは容易でしょう。


f:id:genesis:20100918105647j:image f:id:genesis:20100918204438j:image

マヤに連れられて「みそソフトクリーム」を食べていますが,これは仁王門の前にある『すや亀』で売られています。


f:id:genesis:20100918111022j:image f:id:genesis:20100918204439j:image

実食してみましたが,ほんのりと味噌の風味が漂ってくる程度の軽い味わいでした。


f:id:genesis:20100918112240j:image f:id:genesis:20100918204440j:image

店頭にしつらえられた椅子に作中と同じく参道を向いて腰掛け,左(JR駅方向)を向くと郵便ポストがあります。


f:id:genesis:20100918110916j:image f:id:genesis:20100918204441j:image

反対に右(本堂方向)を向くと,2軒隣の店に置かれた人形が目に入ります。


f:id:genesis:20100918112253j:image f:id:genesis:20100923204552j:image

みそソフト屋さんの真向かいは,そば屋さんです。


f:id:genesis:20100918115252j:image f:id:genesis:20100918204442j:image

カットインで差し込まれる時計塔は,参道を下って「善光寺郵便局」の近くです。


引用画像の著作権は,A-1 Pictures,ANIPLEX,テレビ東京に帰属します。


より大きな地図で オカルトなんて大っ嫌いマップ を表示

2010-09-12

新規項目 新規項目 - info を含むブックマーク はてなブックマーク - 新規項目 - info

 凪斬隼利さんご本人から連絡を頂戴しました。

 シリーズ第7作ですが,作品名の順番で混乱します(某曲芸ほどではありませんが……)

2010-09-10

新規項目 新規項目 - info を含むブックマーク はてなブックマーク - 新規項目 - info

2010-09-07

京アニKanon After Scenery  京アニKanon After Scenery - info を含むブックマーク はてなブックマーク -  京アニKanon After Scenery - info

舞台探訪アーカイブ直轄事業

 鍵っ子な友人知人(d:id:milky_rosebudさま御一行)が札幌を訪ねてきておりましたので,『Kanon』(京都アニメーション版,2006-07年)の舞台を案内してきたのですが,幾つか姿を変えているものがありました。

第13話,電停「静修学園前」交差点

f:id:genesis:20070501161902j:image f:id:genesis:20100909213356p:image f:id:genesis:20100907143442j:image

左:2007年5月,右:2010年9月

 舞踏会の翌朝,登校途中の裕一が北川と遭遇する場面で登場する風景。交差点の向こう側にあるクリーニング店は今でも営業を続けているのですが,白っぽい看板に付け替えられておりました。右側面には青緑の看板が残っています。

f:id:genesis:20100907161856j:image:right


f:id:genesis:20070501162750j:image f:id:genesis:20100907143506j:image

左:2007年5月〔撮影はUSO9000さん〕,右:2010年9月

 この場面,背後にコンビニ(作中ではローソンでしたが,実際には「コンビニエンスさとう」)が存在していたのですが,こちらは建物ごと消失しました。現在,地元の大手学習塾が入るビルが建設中です。

f:id:genesis:20100907162232j:image:right


第17話,香織薬局

f:id:genesis:20070504121626j:image f:id:genesis:20100909213356p:image f:id:genesis:20100907104138j:image

左:2007年5月〔撮影はUSO9000さん〕,右:2010年9月

 香織の帰宅路にある薬局。かつて漢方薬局であったところは調剤薬局に変わりました。

f:id:genesis:20100907164025j:image:right


第17話,美坂橋

f:id:genesis:20070504094655j:image f:id:genesis:20100909213356p:image f:id:genesis:20100907102710j:image

左:2007年5月〔撮影はUSO9000さん〕,右:2010年9月

 栞にお弁当を作ってもらう約束をして別れる場面。かつては,橋の上から琴似駅方向を眺めると左前方に青色の壁を持つ建物が見えました。それが,手前に整形外科が開業したために視線が通らなくなっています。

f:id:genesis:20100907164452j:image:right


第17話,美坂会館

f:id:genesis:20070504102915j:image f:id:genesis:20100909213356p:image f:id:genesis:20100907102524j:image

左:2007年5月〔撮影はUSO9000さん〕,右:2010年9月

 地区会館の屋根が塗り替えられています(夜のシーンなので,まったく問題ないのですけれど)。あと,掲示が剥がれ落ちました(香織の陰になって写っていない部分なので,もっと関係ない)。

f:id:genesis:20100907170142j:image:right


引用画像の著作権は百花屋USO9000仮想工房に帰属します。

2010-09-06

新規項目 新規項目 - info を含むブックマーク はてなブックマーク - 新規項目 - info

 北海道を旅行中の id:milkyhorse さんから近況報告が来たので調べてみたら…… (^^;

2010-09-03

新規項目 新規項目 - info を含むブックマーク はてなブックマーク - 新規項目 - info

 三日経さんからご連絡をいただいての収載です。

2010-09-02

新規項目 新規項目 - info を含むブックマーク はてなブックマーク - 新規項目 - info

 取材されたYoichiさんご本人からお申し出をいただきました。

2010-09-01

genesis20100901

開設5周年  開設5周年 - info を含むブックマーク はてなブックマーク -  開設5周年 - info

 2005-09-01 に立ち上げた当サイトですが,本日,5周年を迎えました。おかげさまで収載件数:525件にまで成長しました。引き続きご愛顧を賜りたくお願い申し上げます。

 | 
0000 | 00 |
0005 | 10 |
0404 | 04 |
1111 | 11 |
2005 | 09 | 10 | 11 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2007 | 03 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 |
もどる